すてっぷ豊岡に鷹栖養護学校の職員の方々が・・・

0
    7月27日の午後1時〜すてっぷ豊岡北海道鷹栖養護学校職員の方々が施設見学に起こしくださいました。

    開所してまもない、まだ未熟施設ですが、施設見学に来てくださるなんて嬉しさでいっぱいです。

    初めは、施設概要をお話し、そのあとは施設内の説明や体育器具もご紹介しました。

    お越しくださった時は、お子様の活動がない日でしたので、事前に撮っておいたビデオを鑑賞して頂きながら、活動の説明をさせて頂きました。

    この写真はビデオ鑑賞の様子です。



    最後は、幾つかご質問を頂きまして、お答えしながら対応させて頂きました。

    北海道鷹栖養護学校の職員の皆様、本当にありがとうございました。またのお越しをお待ちしております。

    代表 戸塚

    夏休みの楽しみ:スタッフより

    0
       学校や幼稚園、夏休みに入って数日経ちました

       夏休み    ← いい響きデス
       はるかかなたに過ぎ去った子ども時代を思い出させます


      そんな今の私にも
       ささやかな “夏休みの楽しみ” があります。

       それは“子ども科学電話相談” NHkのラジオ番組です。

      子どもたちのさまざまな質問に
      専門分野の先生方がお答えになるのです。
       (ちなみに 元旭山動物園園長の 小菅さんも返答されています)


      子ども達が尋ねる内容、とっても興味深く
      私としては “当たり前のこと”として受けとめている事柄でも
       (そうではあっても「何故?」と訊かれたら おそらく答えられない....

      彼らにしてみれば 「どうして?なんで?」     と 謎であったりするのでしょう。


       例えば 「雲はどうして お空にあるの?」
        
            「私が歩くと どうしてお月様はついてくるの?」 



        もちろん 新たな知識としても とても勉強になります  



      こども達の一生懸命に質問する場面や (舌足らずのお子さんは とても可愛い)
              
       先生方が わかりやすく丁寧に 言葉を選んで答えられる様子も うかがえてこころ暖まります。


       
      硬くなった頭をマッサージして(笑)うんと軟らかくして

       見たり感じたりする角度を変えれば

       いろんなことにもっと興味がわいたり
         不思議に思えたりする気持ち  
                    取り戻せるでしょうか


        「かみなりさんは  いくつ(なんにん)いますか?」 
             心に残っている質問のうちのひとつです

                             みちこより
                        
         





      すてっぷ豊岡での救急法講習にて

      0
         

        すてっぷ豊岡で消防の東光出張所から塗師田さんがお越しくださり、救急法の講習をして頂きました。

        大人のダミー(名称トミー)と子どものダミー(名称ジュリア)を持ってきていただきました。




        最初の説明は、塗師田さんから人間の体の仕組みから始まり、熱中症、脳卒中、脳血栓、などがどうことで起こるのかを、ホワイトボードで説明をしてもらいました。




        次は、本題です

        子どもが心配停止状態になった時の対処をAED(自動体外式除細動器)を使って、実際のダミー(ジュリアー)を使って実践し、ました。

        うーーーんなかな難しいーーー

        しかし、大事なお子様を預かってる以上は、しっかり頑張って覚えなきゃとい気持ちで全員の職員は、この講習に望みました。

        現在は、救急法のやり方に変化でているみたいで、今回の講習は、最新のもを指導してもらいました。

        職員一同しっかりと身につけて、何かあった時に対応できるようにしたいと思います。


                                                            戸塚


        すてっぷ豊岡の跳箱を紹介!!

        0
           

          なななななんと すてっぷ豊岡の跳び箱は、8段まであります

          これを跳び越えるには、助走(走る)のスピードと踏み切りのタイミングが大事です。

          実は、すてっぷ豊岡に来ている、お友達の中に8段を跳べる子がおります。

          いやいや、体操コーチもビックリ

          思わず、職員も跳んでいます

          1人ひとりのお子様に合った跳箱の高さを設定しておりますので、無理なく安心して行うことができます。

          また、体操コーチの適切な説明と補助を加え、跳箱の楽しさを十分味わっております。

          跳箱大好き」の言葉が多く聞こえるようになりました。
          とても集中でき、しかも楽しいですね。


          跳箱以外でも、幅の広い運動を行うことで、人間に必要な心身のバランスを身に付けていれればと思い、職員一同、日々頑張っております。

                                                              戸塚

          すてっぷ豊岡のお友達が作りました!

          0
             

            代表の戸塚でーす。

            本格的な 夏  がやってまいりましたね。 暑ーーーーい

            そこで、すてっぷのお友達に、らしく 船をつくってもらいました

            まずは、1週間目は船の土台を、それぞれ好きなように色づけしてもらい、そして、2週間目には帆にも色々な模様をつけてもらいました。 

            とっても良い出来ですね

            はさみが得意子や色とりどりの模様を描く子、丁寧な子、様々ですが、この造形で子どもの持ってる特徴や、作っていく様を見て適切なアドバイスで、成長の糧にしてあげたいと思っております。

            では、また作品のご紹介をいたしますので、お楽しみに










            calendar

            S M T W T F S
              12345
            6789101112
            13141516171819
            20212223242526
            2728293031  
            << January 2019 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            • 旭川とつか体操倶楽部から
              Daisuke

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM